無料
エロ
動画

★べとなむ電脳生活日記★ アダルト・アフィリエイトで海外移住♪

エロいサイトのアフィリエイトをしてサイゴンで生活しているフリー浮浪者donkyの暇つぶしに書くブログ!

高級ホテルの暮らし


今日は本因坊さんが洗濯物と僕の主食のピーナッツと大きなパンツ3枚を持って来てくれました。
洗濯物はホテルに出そうと思ったのですが、「上下2枚1ドル」みたいな寝ぼけた事を言われてしまい、
数日前に本因坊さんにソノ話をすると「街の洗濯屋に出せば1kg1ドルですよ。ホテルに出しても結局、洗濯屋に出して持ってくるだけですから、、、」と言われたので、
本因坊さんに洗濯物をお願いしたのでした。
ピーナッツは「オルセー市場で1kg9000リエルだった」とのことで、
日本では中国産ピーナッツを180g1袋97円で安いと思い毎日、食べていたのですが、
カンボジア産ピーナッツは、さらにその半額以下で変えピーナッツ無しでは生きていけない僕には大助かりです。
日本を出発する時に着替えを一切持って来なかった僕は、
ppに着いた途端に着替えに困ってしまったのですが、
カシン師匠が気を使って新品の着替えを上着から下着靴下まで、全部揃えてくれていました。
問題はカシン師匠が準備していてくれたパンツが全部、僕には小さすぎた事でした。
それでイベントに参加して頂いたOさんが、ホテルに遊びに来てくれた際に古着市場に連れて行ってもらいパンツを探したのですが、
カンボジア人はブリーフがメジャーな用でブリーフは沢山あったのですが、
トランクスはMサイズの物しか有りませんでした。
古着市場でパンツ買うのを諦めて、帰る途中にモニボン通りを通ったのでツーチャンにppに来たあいさつをしようと思い、
ツーチャンの店を探して貰ったのですが、見つからず、仕方がないので、今はミタノマネージャに出世?したペコちゃんに会いに行きました。
ミタノ受付は、昔のオキの受付があった所に移っていて、結局ペコちゃんは10何年前に僕達が昔オキニ泊まっていた頃と同じ場所のカウンターにいました。
名刺を貰い、ペコちゃんの本名がペコちゃんじゃないことがわかりました。
ミタのトゥクトゥクでホテルに帰る途中、Oさんが、
「ペコちゃんも年取ったな」とつぶやきました。
善悪を超えた過激な時代を駆け抜けてきたペコちゃんは、
あの場所で数々の修羅場を見続けてきたはずです。
平和になった今のppだからこそ、そんな話を聞いてみたいキがしました。

それで、また本因坊さんに「パンツが無いんです」と泣きつくと、
本因坊さんが、あちこちの市場を探してくれて、
「ロシアン・マーケットに3枚1ドルで3Lのトランクスが売ってました。」と買ってきてくれたのでした。

今、僕はカシン師匠に用意してもらった高級ホテルでタダで暮らしているのですが、
このホテルは僕には高級過ぎないか?という気がしてきました。
ホテルの自慢の大型テレビは一度もスイッチを入れた事が無いし、
こんな温かい国でシャワーは浴びても、お風呂にはよほど寒くなければ入る気にならず一度も入ったことがありません。
冷蔵庫も先日まで、コンセントが外れていて電源が入っていない事に気付いていませんでした。
南国ではパンツ一丁が基本スタイルの僕はパンツが無かったのでバスタオルを巻いて暮らしていました。
それで梅雨に入ったppでは昼間は寝てるし、夜は意外に涼しくて、エアコンも作家さんが遊びに見えた時以外に使ったことがありませんでした。
そんな訳で高級ホテルの設備は、どう考えても僕にはもったいない気がしてきました。
カシン師匠にいつまでも甘えている訳にもいかないし、師匠が既に予約頂いている22日まで居て、安い所に引っ越そうかなぁ?と考えています。

  1. 2013/06/21(金) 11:21:08|
  2. ベトナム生活日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
close