無料
エロ
動画

★べとなむ電脳生活日記★ アダルト・アフィリエイトで海外移住♪

エロいサイトのアフィリエイトをしてサイゴンで生活しているフリー浮浪者donkyの暇つぶしに書くブログ!

イスラーム文化 その根底にあるもの 2

【イスラーム文化 その根底にあるもの】を今、半分以上読み、僕のイスラームに対する理解はますます混迷の度を深めていますが、後半が【根底にあるもの】の核心部分のようなので楽しみです。
で、昨日の日記の続きで【イスラーム文化 その根底にあるもの】の「前書き」で「僕と同じことを考えている!」と思った部分です。
【人類全体が、現在、地球的規模で統一化への道を進みつつあることは、いまや誰の目にも明らかな事実であります。・・・
簡単に言えば異文化間の対立、激突、ということ。・・・
そこから必然的に生じてくる人類の文化的危機をわれわれは現に身をもって経験しつつあります。
カール・ホッパーによりますと、各文化は、それなくしては独自の文化として自己を保持することのできない構造的枠組を本来的にもっている。この枠組は思想、感情、行動についてのいくつかの重要なカテゴリーの構成する内的構造体であって、それがその文化の成員のものの考え方、感じ方、行動の仕方をあらかじめ決定する、というのであります。・・・
文化的枠組相互の間にトーマス・クーンのいわゆる不可共約性が必然的に成立する以上、狭い世界空間内部における多くの異なった文化の共存が人間存在をどれほど深刻な危機に引きずりこもうとしているのか、実に想像もつかないほどであります。人類の将来を危うくし、全人類文化を破壊にまで導きかねない危機で、それはあるのです。】
僕は「戦争はすべて宗教戦争」と考えています。
太平洋戦争も、ベトナム戦争も、湾岸戦争も、全てです。
もちろん経済的理由も戦争の要因を持ちますが、武器を持って戦う程の重要性はありません。
武器を持って戦う必要性は、国家(民族)のアイデンティティ(存在理由)つまり生きることの意味に関わる重要な事柄だからです。
人は別の共同幻想(文化、宗教、価値観、倫理観)を理解不能な(又は存在をゆるせない)生き物です。
それが、共同体のそれまで存在の意味(理由として立脚していた基盤)を否定する(消失させる)行為だからです。

◎今日のお買い物

・平民食堂代(ナス炒め+竹の子と豚肉の煮物+野菜のスープ+ご飯1皿)=12.000ドン(約72円)

・さとうきびジュース×2個=4.000ドン(約24円)
  1. 2009/04/22(水) 00:19:27|
  2. ベトナム生活日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
close