無料
エロ
動画

★べとなむ電脳生活日記★ アダルト・アフィリエイトで海外移住♪

エロいサイトのアフィリエイトをしてサイゴンで生活しているフリー浮浪者donkyの暇つぶしに書くブログ!

今年の最後の日記

そういえば,今年も残りわずかな時間になりました。
という訳で今年の最後の日記です。

ここ1〜2週間程何故か?VNNのインターネットの調子がいまいちです。
調子良く繋がる時もあるのですが、ADSLを開設てからの5ヶ月間で最悪の状態です。
繋がらない時が多く、これじゃぁ、仕事にならないよ!レベルです。
今も繋がらないので、しかたなくメモ帳に日記を書いています。

テンとの、その後ですが、20日に手切れ金(結婚式の違約金)を払いにテンの実家に行って来ました。
テンは、相変わらず僕を完全にバカにしきっているので、「何も心配しなくていいのよ!」と言って、
何故か?また僕の部屋に来てしまいました。
想像ですがテンは、僕の部屋をタダで泊まれる食事付きの宿泊施設と考えているのではないか?という気もします。
それで最近のテンの様子を見ていると、どうも今月の5日、本当に元彼と別れたという感じですが
テンのことなので油断はできません。
ただ毎日、元彼にお金を渡しに行く言い訳や小銭を引っ張る理由を考える必要も無くなったので、
なんとなく表情は穏やかです。
テンは「出会った頃のイノに戻って欲しい」と言いますが、結婚登録の日にまで元彼に会いに行く
という快挙をやってのけたテンを今後、僕が再び完全に信用することは、おそらく一生無いと思います。
もしもテンと結婚することがあるとしても2年から3年以上後になると思います。
テンが泣いて「やり直したい」と言い、元彼と別れることを決意した12月5日が、
僕とテンの本当のスタートだったのかもしれないと考えています。

今年も、いろんな方にお世話になり、またご迷惑をお掛けしてしまいました。
来年は、皆様共々良い年になりますように・・・では、また来年
  1. 2005/12/31(土) 17:45:42|
  2. ベトナム生活日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

テンが故郷へ帰り1週間が過ぎました。

今月の6日にテンが元彼と別れて故郷のタイニン省へ帰り約1週間が立ちました。
1人になった今、自分の部屋で僕にとってテンって、いったい何だったんだろう?と時々考えます。
僕は9月の始めにテンがクラブの前で植木鉢に水をやっているのを見てから、何とか
話をする機会がないか?と思い、毎日店の前を通って安食堂に通いました。
テンがクラブに入店したのが9月からなので、僕が最初にテンを見たのは入店した日か次の日でした。
その時テンは「植木鉢に水をやっていたのではなく、植木鉢に線香を立てて、
お祈りしていたんだ」と言っていました。
テンはタイニン省出身なので、ご多分に漏れずカオダイ教の信者です。
「イノと出会えたのも、先月にお父さんがチャウドックのお寺へ行ってお参りを
してきたからよ!」と言っていたことがありました。
僕が最初に見た時、テンは気付かなかったそうですが、僕が「安食堂に行くのを
店の中から毎日見ていた」そうです。
きっと、あのブサイクな日本人なら軽くダマせるだろうと戦略をねっていたのでは?
という気もするのですが、テンは「キッカケもないし、結婚できるとは思っていなかった」と言っていました。
確かに、テンと出会うキッカケを作ったのは僕自身でした。
もちろん9月末に僕が「テンと会って話がしたい」と言ってポン引きに頼んだのは、
テンと付き合いたいとか結婚したいとか思っていた訳ではなく、単に直接交渉した方が安くデキルんじゃぁないか?と考えたからです。
テンは「クラブでホステスとして働いていたのではなくバーテンダーの見習いを
していたんだ!」と主張しますが、ママに聞いたとしても本当のことを話して
くれるか?わからないし、今となっては、その必要も感じません。
僕はテンと最初に待ち合わせとした前日に、一度だけ客としてクラブに入った
のですが、最初に付いたホステスが飲み物を注文しようとして僕は断ったのに、
次に横に座ったテンは話をするだけで何も注文しようとしなかったのは確かです。
もし、その時テンが飲み物を注文しようとしたら、僕はテンと話をしたり、年や
名前を聞き出すことが出来ず、その後の関係もなかったと思います。
その時は自分の飲み物代だけですんだので良かったのですが、今から考えると
結果的にスゴク高くついたのではないか?という気もします。
その後、テンと同棲するようになり1ヶ月位はとても幸せでした。
結婚の話を最初に言い出したのは大家さんでした。
大家さんが「結婚するなら同棲してもいいけれど、結婚しないのなら一緒に住んじゃダメ!」と言ったからです。
それで、テンが「12月に結婚する」と言い出し手続きが始まりました。
最初にテンの実家に行った時にテンの携帯に30分くらいの長い電話がありました。
サイゴンに戻ると、すぐにテンはどこかへ出掛けました。
僕は、その頃からテンの動きがオカシイことに気付きました。
そして、テンと時々乗るあのタクシーの運転手が怪しいと思いテンに聞くと「親戚の
お兄ちゃんだから問題ない、ベトナム人は親類とはそういう関係にならない」と真顔で言いました。
同棲して1ヶ月位して、だんだんテンに不信な行動がなくなってきました。
そして、突然あのタクシーの運転手が僕のアパートに殴り込みに来ました。
僕は訳が分らなかったのですが、その時、大家さんの話ではあのタクシーの運転手が
「テンは俺の妻だ!テンは自分の部屋に全然帰らない!」と叫んでいたそうです。
テンは僕との結婚登録の書類に初婚と書いているので、今までに結婚登録はしてない
と思いますが、あのタクシーの運転手(元彼)との事実婚状態があったのではないか?と思います。
その後、僕がテンに元彼との関係を問い質しても全然本当のことを言わないので、毎日
ケンカするようになり、テンは毎日のように数時間から6時間位どこかに出掛けるようになりました。
それで僕は通訳を連れてテンの実家に行きテンが大切に持っていた元彼の写真を見せて
「テンが未だに毎日、元彼に会いに外出する」と両親に話ました。
その場にいたテンが「今日から5日間は外出しないし、その後も1週間に1,2位しか
外出はしない」と言ったので、僕はその言葉を信じ5日後に結婚式の費用の前金を持ってくる約束をしました。
ところが、その日も翌日もテンが元彼に会いに1人で外出したので、テンの両親に電話をして「結婚を延期したい」と言いました。
テンの両親に電話した日とその翌日、何故か?テンは元彼に会いに外出しませんでした。
おそらく元彼と会う約束があったと思いますが、僕が結婚の延期を言い出したことで、
元彼と会う約束をブチしたのだと思います。
テンが2日間も元彼に会いに行かなかったので、元彼が僕のアパートにやってきました。
その時、何故か?元彼が彼女と一緒に来たのでテンは本気で元彼と別れることにして
「1〜2週間位、故郷のタイニン省へ帰る」と言って着替えを持って僕の部屋を出ました。
テンは元彼と別れるのに、自分がサイゴンに居てはマズイという判断があったのかもしれません。
その後も、元彼はテンを探しに2回程、僕のアパートに来ましたが最近は来ていません。
テンが故郷へ帰り調度1週間が過ぎた昨日の朝、目を覚ますと見慣れたオネーチャンが目の前に居ました。
テンは「20日に結婚の違約金を持って実家に来て欲しい」そして「もう一度、イノとやり直したい」と言って帰りました。
僕の今の1人の生活は、思った以上に平和で精神的にとても安定しています。
テンは「20日に私はイノとサイゴンに戻る。私とイノの本当のスタートだ!」と言い
ますが今、僕は、その20日の結婚の違約金を”手切れ金”にしようか?と、迷っています。
  1. 2005/12/15(木) 18:54:19|
  2. テンとの婚約から現在まで|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

いままでのテンとの経緯

今日の日記は、自分の記録の為に残して置きたいと思い書きます。
他の人が読まれても面白くはないと思いますが、いままでの僕とテンの(僕の想像も含めた)簡単な経緯です。
僕がサイゴンに来て1ヶ月を過ぎた、9月初頭に近所のクラブの前で始めてテンを見ました。
その後、僕はそのクラブのポン引きと親しくなり、9月末にポン引きに頼んで店の近くでテンと待ち合わせをしました。
そのポン引きは店に内緒で僕とテンを待ち合わせたことがバレて、翌日にクラブを首になってしまいました。
クラブが終わる夜12時にテンと会いました。
すでにテンはポン引きから僕の話をいろいろ聞いていて、僕がどこに住んでいて何をしているのか等をよく知っていました。
会って、すぐにテンがその時に借りていたテンの部屋へ行きました。
テンの部屋に男物の服とズボンが数着かけてあったので、当時テンに男がいることはわかりました。
元彼のことをテンに聞いても「彼が浮気をしたので一年前に別れた」という以上のことは何も言いません。
翌朝、テンが僕の部屋に荷物を持って来てテンとの同姓生活が始まりました。
テンは男がいるのに何故?僕と一緒に住むのか不思議でしたが、家賃がかからず、仕事をやめてもタダ飯が食え、寝転んでテレビが見れ、毎日元彼にも会えるというのが理由ではないか?と思います。
また、元彼と付き合いながらも元彼に別の女がいることがわかり別れたいという気持ちも多少あったのではないか?と思います。
おそらく、元彼には「あの日本人から金を引っ張るから、、」みたいな言い訳をしていたのではないか?と思います。
テンは僕と一緒に住みながら、元彼から携帯に電話があると僕からお金をせびり取り毎日のように3時間から6時間ほど元彼に会いに出かけていました。
しばらくして、テンは僕がテンと本気で結婚する気があるのかを試そうと考えたのか?僕をテンの実家に連れて行きました。
僕はテンが元彼と別れるつもりがあるならテンと結婚してもいいと考えていました。
そして、12月1日に結婚登録に行きました。
用紙に書いた僕とテンのボールペンの色が違っていたので実際には手続きはされませんでしたが、
もし同じ色のボールペンで書いていたら結婚登録の手続きはされていたと思います。
その日、部屋に帰るとテンはいつものように「1人で外出したい」と言いました。
その12月1日の夜8:30から10:30と12月2日の昼10:45から12:15、
夜の7:00から11:30に実際に1人で散歩に出かけました。
テンは結婚した後も何事もなかったように元彼に会い続けるつもりでいると考えた僕は12月3日にテンの母親に電話をして「結婚を延期したい」と言いました。
テンの母親が「テンに電話を代わって欲しい」と言ったので、テンが電話に出て母親に
「心配しなくてもいい」みたいなことをしゃべっていました。
その12月3日と4日、テンは何故か?元彼に会いに1人で散歩に出ませんでした。
それで元彼に2日間も会わなかったので、翌5日の午後3時に元彼が僕のアパートに来ました。
その時、偶然に僕とテンは外に出ていて元彼に会いませんでした。
大家さんが「元彼が知らない女性と2人で来た」ことを教えてくれました。
元彼が女を連れて来たという話を聞いて、テンは「その女は元彼の彼女だわ」と言いました。
その時、僕はテンと出会って初めてテンの涙を見ました。
僕とどんなにケンカをして別れ話になっても泣かなかったテンが、元彼が彼女を連れて来たと聞いて始めて唇を震わせて泣きました。
テンの泣き顔は”元彼に騙されて、毎日お金を貢がされていて悔しい”という表情に見れました。
想像ですが元彼はテンに「彼女とは別れる!部屋を借りて一緒に住もう!」みたいな甘い話をしていたのではないか?と思います。
実際に元彼はアパートを探している様子でした。
先日、テンが唐突に「1ヶ月350万ドンのアパートがある、3ヶ月分前払いすれば住めるから引越そう」と言い出しました。
それでテンがどれくらい抜くつもりなのか考えました。
おそらく家賃250万ドン、前払い金2ヶ月分程度の部屋ではないか?と思います。
もちろん、テンは元彼と住むための部屋の代金を僕に払わせる予定だったと思いますが、
元彼がテンと住む気がないことも含めて、あまりに見え透いているので即行却下しました。
テンが涙を流した翌日の12月6日、テンは「故郷のタンニンに帰る」と言い着替えをボストンバックに詰めて出て行きました。
やっとテンは騙されていることに気付いて元彼と別れる気になってくれたのか?とも思いましたが、まだ気は抜けません。
元彼に変えた携帯の電番を教えてしまったので、いつデップチャイから甘い言葉がささやかれるかわかりません。
また、いつお金を持ってホイホイと元彼に会いに行くかわかりません。
テンが実家に帰って行ったのは、毎日元彼に会ってお金を貢ぐ気がしなくなったので、サイゴンで僕と居る理由がないからです。
12月6日の夜、実家に帰ったテンから電話があり「私を愛しているなら、明日1人でタンニンに来て欲しい」という内容でした。
テンは、まだ僕からお金を引っ張れると考えているんだなぁ?と思いました。
1人で着て欲しいというのは通訳とかを連れて来られて、他の人に聞かれるとマズイ話だという意味です。
僕もそこで断ればいいのですが、テンが今度はどんな芸を見せてくれるのか楽しみになってしまい7日に1人でテンの実家に行ってきました。
今回の結婚の延期について、テンの両親にしっかり話しておいた方がいいという意味もありました。
テンの実家に着くと両親が待っていてくれて、予想どうり「結婚式を延期しないで欲しい」と言いました。
結婚式をしないと、僕からもらう結婚費用から実際に結婚式に掛かる費用を引いた差額の収入がなくなってしまうからです。
両親と話しているとテンが来て「結婚式を延期するなら違約金として20チウドン(約16万円)を払え!」と言いました。
その言葉には、さすがの両親もテンの強欲さに驚いた様子でした。
サイゴンの僕の部屋に帰ると大家さんが「今日も夕方の5時位に元彼がテンにお金をせびりに来たから、テンは居ないと言って追い返してやったよ!」と言いました。
  1. 2005/12/08(木) 20:20:01|
  2. テンとの婚約から現在まで|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

結婚を延期しました。

結婚式の当日、僕が式場に行くとテンの横に元彼が涼しい顔で座って居る夢を見ました。
テンなら、それくらいの芸をしてくれると密かに期待していましたが、僕だけでなく
周りの人達に迷惑を掛けてしまうので現状では結婚自体が厳しいと判断しました。
テンの両親に電話をして「結婚を延期して、しばらくはテンの様子を見たい」と言いました。
テンには「テンの行動に不信感が無くなったら結婚する」と言いました。
はたして、その日が来るのか今はわかりません。
冷蔵庫のアイスクリームをテンに黙って食べただけで、怒って「別れる」とか
「田舎に帰る」とか言い出すテンが、「延期する」と言った日はチアタイのチの字も言いませんでした。
僕も「延期」を口にする以上、ゲーム・セットも覚悟の上でしたが、薄々気付いていた様で、
特に驚いた表情もありませんでした。
先日、書いた様にテンの実家で両親と話した際、テンが「5日間は1人で外出しない」と
言いました実際に、その約束が守られていたら結婚していたと思います。
その日、帰ってすぐに「5分でいいから1人で外に出たい」と言うので「ダメ」と答えると
テンは「5分もダメなのか?」と聞きました。
その時点で、僕の中で結婚の延期を決めました。
今回のテンとの結婚劇では閲覧頂いている方々にまで、ご心配をかけてしまい済みませんでした。
  1. 2005/12/06(火) 19:51:11|
  2. テンとの婚約から現在まで|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

結婚登録に行きました。

今日は結婚登録をする為に、テンの故郷のタンニンに行きました。
タンニンの役所へ行くと結婚登録用紙に記入した僕とテンのボールペンの色が違うので「書き直して来い」と言われました。
再度、サイゴンの公証人役場に行って認証印が必要な様子なので、出直すことにしました。

今回は元彼の件をテンの両親に聞いてみたいと思い、わざわざ通訳の女の子を1人頼みタクシーで
テンの故郷のタンニンへ一緒に行ってもらいました。
僕とテンは普通のベトナム人には通じない”特殊なベトナム語”で会話ができるのでテンを通訳と
して使えばわざわざ通訳を頼む必要はないのですが、元彼の件を聞くのにテンを通訳としてはとても使えません。
例えば「この人を知っていますか?」という会話をテンに通訳させると「イノは結婚式の費用は、
いくらでも出す!と言っている」程度の変換をされる可能性があります。
テンの実家で、両親に元彼の写真を見せて「この人は親戚のお兄さんだと聞いているが、、?」
と聞いてみました。テンの母親が「親戚ではない」と言いました。
テンは「両親は元彼のことを知らない」と言っていましたが、元彼が僕のアパートに殴り込みに
来て僕とテンを殴ったことを話しても、両親は別段に驚いた様子もなかったので、両親が元彼に
会ったことがあるか?はわかりませんでしたが、両親には殴り込みの件を含め元彼の存在等は
すべて折り込み済みであることが、わかりました。
家族ぐるみで僕を騙そうとしているという意味です。
テンの姉が昨年に実家で結婚式をしているので、一番最初にタンニンに来た時に、その際に
かかった結婚式の費用を聞いたところテンの姉は「2千万ドン」と言いました。
その日、テンに今度の自分達の結婚式の費用を聞いたところ「2千5百万ドン」と言いました。
その後、いつの間にか結婚式の費用は「3千万ドン」に値上がりして、最近では「4千万ドン」と言っています。
おそらく結婚式の費用「4千万ドン」を僕が承諾すれば、次は「5千万ドン」と言ってくると思います。
結婚式の費用として、いくらまで引っ張れるのか?を目踏みしているのだろう?と思います。
聞いた話ですが、今年同じ様に田舎で結婚式をされた方が500人を招待して「2千5百万ドン」だったそうです。
自分達の結婚式はテンの結婚式は実家の家でするので、500人を招待することは家の庭を含めても不可能です。
サイゴンのレストラン等で結婚式をすれば「9千万ドン」位は掛かるのだから「4千万ドン」は
とても安いをテンは連呼しますが、テンの田舎でする自分達の結婚式が通常なら「3千万ドン」
以上の金額になることは考えられません。

数日前にテンが「結婚するのに金のネックレスが必要だ!」と言うので一緒にデタム近くの貴金属店へネックレスを買いに行きました。
その時、おもしろい芸を見せてくれたので、今書いて置きたいと思います。
まず、テンは以前に金のネックレスをしていました。
10日くらい前に、そのネックレスを今回買いに行った店に売りました。
その店は売価の75%(または時価)で買い取ってくれるので、その時テンはある程度の金額を
手にしたと思いますが何に使ったかはわかりません。
もちろん、聞いても本当のことをいう可能性はないので僕も聞きません。
その日一緒に、そのデタム近くの貴金属店へ行き、今回買う金のネックレスを選びました。
僕がネックレスの代金250万ドンを払うと、テンは僕に「買ったネックレスを受け取って帰るので外でタバコを吸って待っていて!」と言いました。
その後、タクシーで部屋に帰る途中に、ふとテンの首を見ました。
その時、テンの首にあったたのは今回買ったネックレスではなく、テンが以前に首にしていた物でした。
僕は思わず大笑いをしてしまいました。
正直に「以前に持っていたネックレスを買い戻したいから、お金を払って!」と言えばいいのにと思いました。
僕があまり笑っているので、テンが「どうしたの?」と聞きました。
僕が「そのネックレスは今買ったモノではなく、テンが以前にしていたネックレスだ!」と言う
とテンは「お店の人が間違えたのよ!これから先の貴金属店に戻って今買ったネックレスと交換
して来るわ!」と言いました。
テンが先日売ったばかりのネックレスが何故?今、必要になったのか?はわかりません。
ネックレスを売ったことが元彼にバレて「買い戻して来い!」と言われたのかもしれません。
テンと別れることはいつでも出来ますが、テンは時々こういう面白いことをしてくれるので、
今度はどんな芸を見せてくれるのか楽しみで、なかなか別れられません

そういえば今日、僕がテンの両親に「毎日テンが元彼に会いに出かけていくので、僕とテンは
毎日ケンカしている」と言うと、テンが「これからは1人で外出するのは夜7時から11時のみ
で、しかも週に1〜2回程でガマンする」と言いました。
更に「今日から、僕が結婚式の費用の前金2千万ドンを12月5日に払いにタンニンに来るまで
の5日間は1人で外出をしない!」と言いました。
テンが5日間も元彼に会いに行かないというのは僕には信じられない話で、またテンは両親の手前、調子のいいウソを言っているなぁと思いました。
タンニンから帰るとテンは早速「5分でいいから、1人で写真屋に行きたい」と言い出しました。
結婚登録用紙を書き直すのに再度、二人の顔写真のネガの焼き増しが必要だからですが、もちろん
テンが1人で写真屋に行かなければならない理由はないし、テンの言う「5分」に今まで何度も
騙されているので、テンが言う「5分」は3時間の意味であることはわかりきっています。
僕が「写真屋へは一緒に行く」と強引に主張すると「それじゃあ(今日、元彼に会いにいかない
代わりに)金のイヤリングを買って!」と言いました。
近所の写真屋へ行き、デタム近くの貴金属店でイヤリングを買って部屋に戻ってくると、テンが
夜8時30分くらいに、今度は「女友達に会いに行く」と言い出しました。
テンが元彼に会いたいのにあまりイジメルのも可愛そうかなぁ?と思い「いいよ」と言うと
「すぐに戻って来るから!」と言って出かけ10時30分くらいに帰って来ました。
今日は2時間位だったので、本当にすぐに戻って来たなぁと感じました。
  1. 2005/12/02(金) 06:29:04|
  2. テンとの婚約から現在まで|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
close