無料
エロ
動画

★べとなむ電脳生活日記★ アダルト・アフィリエイトで海外移住♪

エロいサイトのアフィリエイトをしてサイゴンで生活しているフリー浮浪者donkyの暇つぶしに書くブログ!

イェン・ビィのエロVCD

僕の部屋はワンルームなので、オネーチャンとは24時間ほとんど一緒にいます。
僕が仕事のエロいサイトの更新をしている間中、オネーチャンはリモコンを片手にずーとテレビ
やエロいVCDを見てヒマを潰しています。
オネーチャンは生まれて始めて得たテレビのチャンネル選択権にとても満足しているご様子で、
ドラマを見ながら「こいつは悪いヤツだ!」とか言ってテレビに向かい一人で怒ったりしています。
昨日テレビドラマにイェン・ビィが出ていて「この娘がイェン・ビィよ!」と言って教えてくれました。
イェン・ビィというのはSEXビデオがネットに流出してベトナムの芸能関係で話題になった女優です。
詳しくはLeThanhTon Street Journal(http://www.vinapark.com/blog/index.html)の
女優Yen Vyのアダルトビデオ(http://www.vinapark.com/blog/mt/archives/000483.html)や
ベトナム女優のSEX(http://www.vinapark.com/blog/mt/archives/000472.html)等に出ています。
先日、エロVCD売りの兄ちゃんから買った中の1枚にあったのですが、僕は気付いてなくて
アパートのお手伝いさんが僕の部屋を掃除していて発見し、「あら!これってイェン・ビィの
エロVCDじゃないの?」みたいなことを言いました。
それで、早速イェン・ビィのエロVCD鑑賞会が始まったのですが、お手伝いさんは「これは
メコンホテルの部屋で、イェン・ビィは若くてキレイなのになんでエロVCDなんかに出るの
かしらねぇ?」と言いました。
僕は若くてキレイだからエロVCDに出るんじゃないか?と思ったのですが、それよりも何故
お手伝いさんがメコンホテルの部屋を知っているのか?の方が不思議でした。
エロVCD売りの兄ちゃんから買った中には他にもアン・トゥという女優の流出エロVCDがありました。
  1. 2005/10/12(水) 02:56:22|
  2. テンとの婚約から現在まで|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

サイゴンの日本総領事館

オネーチャンが「お母さんが結婚登録に必要な書類を総領事館でもらって来いと言っている」と
言うので、ベトナム生活倶楽部の結婚手続きのページを見ると『日本人が用意する書類は
出生証明書、独身証明書、そして結婚資格証明書です。』と書いてありました。
領事館はグエンフエ通り沿いのビルの角にあり、ちょっとわかりにくい場所にあるなぁと思いました。
オネーチャンはパスポートを持って来なかったので中には入れず、僕だけで領事館に入りました。
領事館の人に「結婚手続きの書類を申請するには戸籍謄本が必要で、結婚資格証明書は相手の
IDカード又はパスポートも要る」と言われたので、「お金は要りますか?」と聞くと「1枚に
つき176、500ドンが必要で各書類が何枚要るのかを手続きをする省で確認して下さい」と
言われました。
それで部屋に戻り、僕の母親に電話をして日本から戸籍謄本を郵送してもらうことにしました。
オネーチャンが「シンチャオ・マー」と言って母に挨拶をしましたが、母は「(ベトナム語は)
何を言っているのか?全然わからん」と言いました。
  1. 2005/10/11(火) 02:50:32|
  2. テンとの婚約から現在まで|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ピンク色のご飯の店

オネーチャンとはご飯を食べにいつも大衆食堂へ行くのですが、一番近かった大衆食堂のが無く
なってしまったので、最近はスカイガーデン裏の路上のピンク色のご飯の店によく行きます。
昨日もスカイガーデン裏の路上で、ご飯を食べていると突然、全員の客がご飯の皿を持って立ち
上がり、逃げるようにビルのすみの方に行きました。
そして食堂の店員があわてて路上に置いてあるテーブルやイスを片付け始めました。
僕は何が起こったんだろう?と思い見ていましたが、オネーチャンが「あなたもご飯とお茶を
持ってスミの方に行きなさい」と言ったので、仕方なく僕とオネーチャンは道路の脇に立って
ご飯を食べることにしました。
しばらくすると何事もなかったように、また店員があわててテーブルとイスを出し始めました。
ワイロ払ってないんだろうなぁと思いました。
  1. 2005/10/10(月) 02:59:27|
  2. テンとの婚約から現在まで|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

オネーチャンの故郷

オネーチャンの故郷の実家へオネーチャンの両親に会いに行きました。
サイゴンからバスを途中で乗り換えて3時間半もかかるカンボジア国境近くの村でした。
とても田舎ですが、僕が知っているようなメコンデルタの貧しい村と比べるとオネーチャンの家
のある村は、まだ裕福だと思いました。
それでも両親に挨拶に来てお金をぜんぜん置いていかないのは申し訳ないと思い、オネーチャン
に100万ドンを「必要な時に好きに使っていいよ」と言って渡しました。
オネーチャンはその中から「10万ドンをお父さんにあげてもいいのか?」と聞くので、
10万ドンでは少な過ぎる気がしましたが「いいよ」と答えました。
実家は農業を営む素朴な一家で、母親から「過去に日本で結婚していないのか?」を聞かれました。
よく日本人がオネーチャンの故郷に行くと親戚一同が集まって来てお金をせびられるみたいな
話を聞くことがありますが、今日は親戚が誰も来てくれず、こちらから親戚の家々を母親と
僕とオネーチャンが3人で周ったので、ちょっと疲れました。
養豚業を営む親戚のオバサンからは「言葉も通じないし、外国人なのに貧乏でブサイクな
オジサンとなんで結婚するの?」と聞かれオネーチャンは返答に困ってました。
僕も何故オネーチャンは僕と結婚しようと考えたんだろう?と思いますが、やはり日本人と
結婚すればいくら貧乏とはいえ食いっ逸れることはないだろうと踏んだんだろうと思います。
結婚式はサイゴンのホテルとかの会場を借りると5000ドルくらい掛かるそうなので、
オネーチャンの実家で結婚式をすれば桁違いに安く済ますことが出来るとのことでした。
日帰りの予定でしたが、トイレ(と言っても畑の中に便器が置いてあるだけですが)に
行ってもニワトリが周りを駆けずり回って、安心してうんこも出来ないような楽しい環境で、
あまりにも居心地が良かったので実家で一泊して来てしまいました。
夜はオネーチャンの妹や兄弟達とトランプをして遊びました。
  1. 2005/10/08(土) 02:45:50|
  2. ベトナム生活日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

オネーチャンの借金

突然オネーチャンが「クラブのママさんに借金がある」と言い出しました。
当然オネーチャンはお金を持ってないので、僕が払うことになり、マイッタなぁと思い
オネーチャンに「借金はいくらなの?」と聞くと「35万ドン」と言いました。
僕は借金と言うので何百ドルか?を想像したのですが、「あれっ?35万ドンって22ドル位
なんだけど、、、?」と再度、確認をするとオネーチャンは「そうよ!」と言いました。
僕が「35万ドンくらいなら早く払っておいた方がいい」と言うと「それで、今からあなたも
一緒に行って、ママさんに私はクラブを止めると言って欲しいの」と言いました。
クラブを止めることをまだ言ってなかったんだ、、、と思いながら店に行くとママさんが
「店を止めるのはいいけど、彼女が店に来なかった3日間分の持ち帰り代金を払って欲しい」と言いました。
僕はママさんの言っていることは正論だと思ったのですが、何故かオネーチャンが怒って結局、
借金の35万ドンだけを払えばいいことになりました。
カウンターの向こうで話を聞いていたバーテンダーが、僕に「今、お前は幸せか?」と聞きました。
僕が黙ってうなずくとコーク杯を作ってくれてバーテンダーと乾杯をしました。
ママさんが「毎日インスタントラーメンばっかりじゃぁダメよ!ベトナム人には美味しいものを
食べさせないと逃げちゃうよ!」みたいなことを言いました。オネーチャンはいつのまにそんな
話をしたんだろう?と思いながら、僕はフト、ママさんは本当はいい人なんじゃぁないか?と思いました。
ママさんがクラブのオネーチャン達を集めて、オネーチャン達はみんなでお祝いの歌を歌ってくれました。
クラブのオネーチャン達をよく見るとみんな美人だったので、一瞬もしかすると僕は早まったのではないか?と思いました。
  1. 2005/10/05(水) 02:35:44|
  2. テンとの婚約から現在まで|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
次のページ
close